投資で稼ぐ

大証がFXの取扱いを始めます


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

大阪証券取引所が7月21日に外国為替証拠金取引(FX取引)の取扱を始めます。


取引所が行う取引としては東京金融取引所が取り扱っている「くりっく365」に次ぐもので、同じように、取引所取引ということでの以下のようなメリットがあります。


・透明性
原則として時間優先、価格優先のオークション方式で、これは株式などと同じ方法です。一般のFX取引では、店頭取引と言って、FX取扱業者の提示する金額での取引になるので、その値付け根拠は分かりません。

大証FXでは、株式投資と同様に、気配値とボリュームが確認できるので、取引が透明です。

・安全性
投資家の証拠金は大証が管理することになるので、万一取り扱い業者が倒産しても資金は安全です(大証FXをする場合は、大証にではなく、大証FXの取扱業者で口座を開くことになります)。

・税金
取引所によるFX投資なので、税金面も優遇されています。まずは総合課税でなく、分離課税で一律20%となっていることです。総合課税であれば、給与などと合算で段階により15%から50%ですので、多くの人は分離課税による恩恵が受けられます。

更に、株価指数先物やオプション取引などとの損益通算ができ、また損失を3年間繰り越して損益通算することもできます。



特に税金の部分は嬉しいところで、たとえば、おととし100万円損して、去年100万円買った人がいるとします。


通常のFX取引であれば、おととしは税金がかからないのですが、今年は100万円に対してかかってしまいます。大証FXであれば、去年の損を繰り越して、今年の課税対象は0円になります。



さて、ではデメリットは?というと、以下の点でしょうか。

・取扱通貨ペア
9種類のみです。そのうち7種類が対円通貨なので、限定された対円通貨ペアだけを取引対象とする人には問題ありませんが、より幅広い通貨ペアを考えている人には物足りないかもしれませんね。

・システムリスクが未知
くりっく365であれば、もう運用されて時間が経っているので、システムなどもかなり信頼できますが、新しく始まるサービスなので、まだどれだけ信頼性のおけるシステムになっているかは分かりません。これは始まってみて、ある程度様子を見てみると良いと思います。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。