投資で稼ぐ

ソニー銀行で外貨預金をするメリット


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

ソニー銀行は先にあげた三菱東京UFJ銀行と同様外貨預金を取り扱っていますが、大きく異なる点があります。

実は、ソニー銀行は、インターネットバンクなので、三菱東京UFJ銀行と異なり、店舗を持っていません。すなわち、支店を維持するための、人件費、施設費等がかからないので、コストを大幅に抑えることが可能です。

そうしてコストが抑えられるので、大手にくらべて、手数料などが安く抑えられるのです。

たとえば、三菱東京UFJ銀行では、外貨預金をする際の手数料で、米ドルに対して為替手数料が往復で1ドルにつき2円ほどかかります。ところが、ソニー銀行では、コストが抑えられている分、片道25銭と非常に安価な手数料となっています。手数料でこれだけ違うと、最終的なリターンも大きく異なってくることになります。

外貨預金はほぼゼロ金利が続いている円での預金に比べて金利が高いことで注目されて伸びてきた商品です。ただし、こうした手数料が実は意外に高く、リターンを低めてきたのが事実なんです。そうした中で、こうしたインターネット専業銀行のような低い手数料は非常にありがたいものなんです。

米ドル以外の通貨ペアでも手数料が安くなります。オーストラリアドルの場合はもっと顕著で、往復4〜5円かかるところがほとんどなのですが、ソニー銀行は往復で1円ですみます。金利が高く設定されていても、為替手数料を差し引くと利益はほとんどないのに等しい、と言うケースは避けられることが多く、それがソニー銀行の外貨預金の大きなメリットであると言えるでしょう。

また、メリットとしては、為替レートの確定タイミングが多いこともあげられます。他の一般的な銀行では、1日1回の為替レート確定なのですが、ソニー銀行では為替相場の変動に合わせて、市場のレートの変動が一定以上あると、取引レートを見直しています。

また、インターネットバンクということで、24時間取引可能ですし、為替レートを指定した指値注文など、動き続ける為替相場に合わせた自動注文なども可能となっています。

株の取引ではよく知られたこの方法を取り入れているのも、ソニー銀行の外貨預金の大きな特徴です。注意するポイントとして1ドルにつき10銭の指値手数料がかかると言うことでしょう。従って「指値注文」は本当に必要な時のみ利用するようにしましょう。


投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外貨預金での手数料のリスクについて


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外貨預金をする際には、手数料がリターンに大きな影響を与える場合が多いことを知っていましたか?

外貨預金は金利が比較的に高かったので、ゼロ金利に近い日本円と比べると、高いリターンが得られるとして、一時期非常に流行りました。ただし、そこには落とし穴となるような見えにくいリスクもありました。

それが両替時の手数料です。海外旅行へ行く際に、日本または行き先の空港でお金を行き先の通貨へ両替すると、必ず手数料が加わります。両替後のお金が思ったより少なかった経験は多くの人が持っているのではないでしょうか。

それと同じことが外貨預金でも発生します。最初に日本円から該当の通貨へ替える際、更に最後に該当の通貨から日本円へ戻す際と2回の両替手数料が発生するのです。

最近では手数料も安くなってきたり、銀行によって異なる手数料を付けていたりと、こちら側で選べるようになってきましたが、以前はアメリカドルであれば、だいたい片道1円の手数料が乗っていました。1万ドルの預金をするために、片道1万円、すなわち往復で2万円の手数料がかかるということになるのです。

1万ドル外貨預金して、1年の金利が4%だとすると、1年後に利息が4万円付くことになるのですが、そのうちの2万円は手数料として取られてしまう計算になるのです。預ける期間が短くなっても手数料が変わらないので、短いと手数料がもらえる金利に占める割合がどんどん大きくなってきますし、半年未満であればマイナスになったりもします。

更に、アメリカドル以外の通貨だと手数料は高くなる可能性が大きくなります。例えばニュージーランドドルですと1円〜5円と銀行によってかなりの幅があります。同じ銀行でも通貨によって手数料が違う理由は、その銀行がその通貨でどれほどの量の取引をしているか、が影響するからです。

どこの銀行でも最も取引量の多いアメリカドルは手数料が安く、取引量が少ないニュージーランドドル、カナダドル、イギリスボンドは手数料が高く設定されることになります。通貨の取引量が増えれば為替手数料は下がり、取引量が減れば為替手数料は上がると言う、いわば反比例の関係にあるのです。

外貨預金を考える際には、為替の変動リスクもそうですが、両替手数料にも注意を払い、リターンがきちんとリスクに見合うレベルであるかどうか判断してください。


投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外貨預金の銀行の選び方


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外貨預金は銀行で取り扱われています。外貨預金を扱っている銀行は三菱東京UFJ銀行など数多くあり、銀行により、取り扱っている通貨や手数料が異なってきます。

日本の金利がずっとほぼゼロが続いていて、今回のサブプライムローンを発端とした世界的な不況の前までは、日本に比べると先進各国でも金利が高かったため、魅力のある商品でした。

外貨預金として主に選択されていたのが、アメリカドル、ユーロで、またオーストラリアドルなどは高金利なので一部で人気がありました。

外貨預金に預けると、金利と為替差益あるいは為替差損が顧客にとっての投資リターンとなりますが、銀行は、外貨預金をする際に円から外貨へ変換するときと、外貨預金を終了する際に外貨から円へ戻すときそれぞれに手数料をとります。

手数料とここでは言っていますが、必ずしも手数料という名目は出てきません。為替の変換レートが手数料の分だけ悪くなっている、という形で課金されているケースがほとんどです。

最近では変わりつつありますが、一昔前までは、アメリカドルの際には片道1円の手数料が一般的でした。

100円/ドルの際に外貨預金を始めるとすると、101円/ドルの為替レートになり、1万ドル預金するためには、101万円、即ち1万円が手数料として課金されていることになります。さらに最終的に外貨預金を解約する際も同様なので、その際に100円/ドルと同じレートだとしても、手に入るのは99万円となります。

往復で、2万円の手数料が取られていることになります。

外貨預金をする銀行を決める際には、金利や手数料を見て、更に為替レートをみることで、総合的に考えて決めましょう。

また外貨預金といっても、単に円での預金に金利が期待できないから、外貨預金の金利や為替差益で儲けたいという考えはやめた方がいいでしょう。かかった手数料が多くて、結果的には損をしたと言うこともあり得るのです。

銀行によって手数料が安い、無料などの条件もありますが、手数料が無料でも、ある一定の金額以上の預金をしておかなければ口座管理料が必要になるケースもありますので、詳しく調べて説明を受けて、銀行を選ぶようにしましょう。


投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外貨預金の金利について


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外貨預金は一時期金利が高く、円で預金をするよりもリターンがずいぶん高いとして人気がありました。ところが、サブプライムローン問題を発端とした世界不況に入った後で、先進国諸国が次々に政策金利を引き下げました。

2009年1月時点で、アメリカでは0.25%とほぼゼロ金利に、ユーロも2%に、そしてオーストラリアが3.25%、ニュージーランドが3.5%となっています。これを2008年の8月と比べてみましょう。アメリカが2%、ユーロが4.25%、オーストラリアが7.25%、そしてニュージーランドが8%となっています。

南アフリカなどは11%〜12%と非常に高金利で推移しています。ただし、あまりに高金利なのは、政治情勢や経済状態が不安定な可能性が高いので注意が必要です。甘いものには棘がある、ということです。

上述した通り、外貨預金の金利は選んだ通貨が流通している国の、政治情勢や経済状態などにより変化します。

ではどのような経済状態の時に、金利がどのような傾向となるのかを見ていこうと思います。あくまでもざっくりした考え方ですので、実際とそぐわない部分もあると思いますので、参考程度と考えてください。

まずは金利が高くなる傾向ですが、たとえば、経済状態が活発で好景気な上に、国としての成長が続くであろうと思われる国、具体的にはインドや中国などが上げられます。この他にもインフレ傾向にある場合には金利は高くなる傾向にあります。これは過熱した景気の影響で、急激に物の値段が跳ね上がることです。これはどちらかと言うと南米大陸の国家や、オセアニアの国々に多く見られます。

金利が低くなる傾向ですが、不況で経済が低迷して、俗に言う不景気の場合や、国家としての経済が成熟しきっているだけでなく、将来に渡ってもあまり成長が望めない場合があります。イギリスやフランスなどヨーロッパの先進国に多く見られる傾向です。日本もまさにこれにあたります。

外貨預金に選ぶ通貨が使用されている国の経済状況は、金利に大きな影響を及ぼしますので注意するようにしておきましょう。

金利は、実は外貨預金をする銀行によっても変わりますが、これは銀行独自の判断で自由に設定できることになっているからです。大手銀行と小さな銀行を比較すると、大手銀行の方が、高めの金利や低めの手数料の商品を取り扱っているようです。

最近ではインターネット専用銀行のように、一般の銀行よりも人件費や施設などの経費がかからない分を、金利や手数料に大幅に還元している銀行もあります。銀行の窓口で相談する以外にも、インターネットのサイトなどで金利や手数料を調べておくことが大切です。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外貨預金の比較検討ポイント


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外貨預金を日本円で預金しているより随分リターンが大きいし、FXと違って大きな銀行が取り扱っているし、などの理由でお金の運用先の一つとして選ぶ人もいると思います。

いざ外貨預金を始めよう、と考えたときに困ることが、どの通貨で、どの位の期間運用するか、ということです。

また、外貨預金を取り扱っている銀行は、大手のメガバンクや都市銀行などで、具体的には三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行などなのですが、各銀行によって金利や手数料が少しずつ違っているので、どこに預けるかも頭を悩ませる問題です。

ですから、自分の投資方法や出口戦略を考えるのと一緒に、外貨預金商品の比較をすることが重要です。

サブプライムローン問題に端を発した世界的な不況の前までは、平均的な外貨預金の金利は1年で約3%ほどありました。特に少し値動きは激しいのですが、オーストラリアやニュージーランドなどは非常に高い金利がついていました。

その際に、日本の銀行に円で預けた場合の金利が約0.5%だったのですから比較をしてみると、外貨預金が如何に金利が大きいか明らかです。

では実際に外貨預金を始めるにあたって、まずは、普通預金なのか定期預金なのか、何年のスパンで預ける予定なのかを自分の資金戦略を考えて決定する必要があります。全くフリーになるお金ならあまり気にせず一番リターンの大きいところなどを考えて選べば良いのですが、やはりいつその資金が必要になるかを自分のライフサイクルから考えて期間を決める必要があります。

その上で、外貨預金商品の比較をインターネットなどを使ってすると良いと思います。比較するポイントとしては、通貨に対するそれぞれの銀行での金利や手数料ですね。また、銀行によって提供している商品の期間も異なっている場合がありますので、期間も比較のポイントとなります。

外貨預金をどの通貨にするかについても結構悩むところです。上述したオーストラリアドルやニュージーランドドルなどは比較的金利が高いので人気ですが、通常は金利があまり高い国はそれほど安定しておらず、為替の動きが激しく、大きな損失を受ける可能性があります。

安全を考えるのであれば、全世界の基軸の通貨のアメリカドル、ヨーロッパの通貨であるユーロなどの通貨をまずは考えると良いと思います。

他にドル圏としては、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなども比較的に安心できる国ではあります。

ただし昨今の不況により、多くの国が金利を下げて来ました。特に不況の発信源アメリカは日本同様ほぼゼロ金利となってしまっています。

外貨預金をするのであれば、金融情勢などをよく把握して、リスクの高そうな通貨は避け、自分で解約時期を選べないものも避けた方が良いかもしれません。というのは、サブプライムローン問題などにより為替も大きく短期間で変動します。もし満期時に値段が暴落していたりすると大きな損失を被ってしまいます。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外貨預金の定期預金はどうなのか?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外貨預金はその高金利で一時期人気を博しました。中でも、外貨預金の定期預金はまとまったお金をあらかじめ満期の期日を設定して、一定期間高金利で預けることができるので、うまくすると大きな利益となりました。

更に、満期時に預金した際に比べて円安になっていれば、為替差益も受け取ることができるので、これも人気を高めている理由でした。

とは言え、通常の円による定期預金と異なり、元本保証される訳ではなく、また手数料が高いというマイナス面もあります。たとえば、円からドル、ドルから円へと交換する際に、1ドルにつきそれぞれ約1円、合計で約2円の為替手数料が必要となります。

為替差益の話しはしましたが、満期時に反対に円高になっていれば、為替差損が発生しますので、せっかく高金利の恩恵を受けたとしても、為替差損により大きなマイナスになってしまう可能性もあります。

外貨預金の定期預金開始時に1ドル100円だったものが満期時に1ドル90円と円高になったとすると、100万円預けたものが、90万円となってしまうのです。

さらに日本円の定期預金と違って、原則として外貨定期預金は途中で解約をすることができませんし、金融機関に何かがあっても、預金保険の対象外となってしまいますので、預けた金額が補償されることはありません。

更に、最近では、サブプライムローン問題に端を発した世界的な不況により、主要各国の金利が下がって来ています。2009年1月現在では、アメリカの金利はほとんど日本と変わらなくなってしまいましたし、ユーロやポンドも随分低金利となりました。豪ドルなどもどんどん金利が低くなってきています。

リスクを考えると、現状では手の出しにくい商品かもしれませんね。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外貨預金のメリット、デメリット


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外貨預金は日本の金利が低く抑えられたままで、海外通貨との金利差が大きかったために、日本の銀行に預金する場合と比較して金利収入が大きく得られ、これが外貨預金を推進する原動力となっていました。

日本の金利はバブル崩壊後ずっと低いままでしたが、好景気になってもほとんど上昇することは無く、サブプライムローンなどによる世界的な恐慌によりまた0%近くに戻ってしまいました。

普通預金の場合、低い金利に加えて、時間外取引や他の銀行との取引、休日取引などの手数料を考えると、銀行に預けるのも自宅に隠し持っておく、俗に言う「タンス預金」もあまり変わらないのでは、と思われるほどです。

外貨預金で主に対象となっていたのは、アメリカ、オーストラリア、さらにはユーロ等でした。オーストラリアに関しては、日本との金利差が一時期7%近くありました。

こうした国で外貨建てで預金をしていれば、日本での金利の10倍から20倍くらいの金利がついてきていたのです。

金利により大きく稼げたこと、FXのようなレバレッジが無いために、リスクがそれほど大きくは無かったこと、それとお馴染みの銀行などで簡単に手続きが出来たことなどから、一般に広がりました。

一時期テレビの宣伝など外貨預金が盛んに取り上げられていたので、よく知っている人も多いと思います。

ただしマイナス面もあります。まずは手数料の高さです。最近はFXとの兼ね合いから手数料が下がる傾向にあるようですが、一時期一般的だったのは、たとえばアメリカドルの場合に1ドルにつき、往復2円の手数料だったことです。

1ドル100円で買って、1ドル100円で満期を迎えたとすると、買う際に101円、満期に手数料を引かれて99円となりました。

ですから、外貨預金は、短期の預金ではいくら金利で稼げても手数料によってあまり稼げない状況でした。

またもし買った時と比較して満期時に大幅な円高になったりすると、元金割れしてしまいます。外貨預金という名前から、元本割れしない安全な商品と思い込んでしまう人が多いと思いますので、気をつけてください。

一方で、2年以上、5年あるいは10年などの長期の預け入れができるのならば、金利が相当付きますので、元本割れリスクも減り、大きな戻りが期待できることもあります。

気をつける必要があることは、金利は国によって違い、また毎日変動しているということです。為替との兼ね合いもありますし、先日のアメリカのリーマンショックのような、予期せぬ出来事で大きく変動することも考えられます。

また銀行によって取り扱っている内容も違っています。外貨預金の高金利という魅力に少しでも興味があったなら、銀行でじっくりと説明を受けて、自分に合った外貨預金を探すことが大切です。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。