投資で稼ぐ

地金相場の概要と取引方法


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

地金相場とはあまり耳慣れない言葉だと思います。地金という金属があるのかと思う人も多くいるようですね。

地金は「じがね」と読みます。地金は金属を溶解させ、貯蔵しやすい形に固めたもので、インゴットやバー、のべ棒などとも呼ばれます。金ののべ棒と言えば分かりやすいかもしれませんね。

地金相場とは、要は、金価格、プラチナ価格、あるいは銀価格のことを言います。こうした地金相場は、インフレなどに強いといわれていますし、特に金は株価と逆の動きをすることが多く、不況になり株価が暴落すると、金価格は上昇することが多いです。金とプラチナはグラム単位で、銀はkgで取引され、地金相場は、株価の様に価格は変動します。

日本で地金を売買する方法の一つとして、有名な田中貴金属や木谷貴金属などの会社を通じて取引する方法があります。これらの会社のサイトでは、地金相場の情報が掲載されており、情報を得ながら地金取引をすることができます。

また最近では証券会社でも、こうした地金取引ができる会社が増えてきました。こうした会社が発行しているメールマガジンの配信登録をしておけば、売買のタイミング情報なども受信できることもあります。

日本で取引される地金相場の価格ですが、実は海外地金相場を基にして、ドル円の外国為替レートで円建てに計算されます。ですので、日本で取引する場合は、地金相場はそれぞれの地金の価格の変動に加えて、為替市場におけるドル円にも大きく左右されます。

取引に対してかかってくる手数料等としては、株式売買には、売買手数料と税金が必要になりますが、地金売買においては、運賃や保険料、手数料さらに取り扱い業者のマージンが加えられて価格が決定します。

海外の地金取引市場には、金と銀を取り扱うロンドン現物市場、金を扱うニューヨークCOMEX先物市場、そしてプラチナ、パラジウムを扱うニューヨークNYMEX先物市場があります。

こうした海外の地金市場は、地金相場に大きな影響を与えています。ロンドン現物市場では、午前と午後の二回、値決めがあります。

地金相場での取引を考える場合は、海外地金市場の動向、外国為替ドル円の状況、経済のマクロでの不況・好況といった傾向などを見ながら行うことが肝要ですね。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

金属相場の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

金属相場と一言に言っても金属を売り買いするのではなく、金、銀、プラチナ、アルミ、ニッケル、銅など金属個々の相場で売り買いをすることになります。

金属相場全体ではなく、個々の金属の値段が変化するので、自分が投資したい金属に関しての情報を集めることになります。特に、金、銀、プラチナ、銅の相場においては、値動きが大きいので、こうした金属の先物取引を行うのは、ハイリスクハイリターンであると言え、情報収集と、リスクコントロールが必須となります。

インターネットのネオラインでは、金属の買い取りに行ったり、金属のリサイクルが主な業務になっています。さらに、金属相場情報も相場表で閲覧することができます。

さらに、株式会社メタルネットでは、NYカーブを基準にして、その日の国内の金属相場動向を色々な情報をもとに予測しています。これらの情報や分析結果はすべて有料の情報となります。メタルネットでは、上海先物相場メール速報や、LMEプレマーケットの携帯への速報、それにLMEの相場のFAX速報を知ることができます。

また、金属相場は海外取引が主となっているので、外国為替市場の動向も金属相場に影響を与える要因の一つになっています。

海外金属相場は、ロンドン金属取引所のLMEやNYで取引されています。

金属相場は、北京オリンピックまでは、需要の増大により、価格は上昇傾向にありましたが、サブプライムローン等による世界不況により、需要の低下が懸念され、一時期大きく値を下げました。今後どういったトレンドになるか予断を許さない状況です。

こうした金属相場は、派生して他の相場にも影響を与えることがあります。たとえば、スクラップなどの廃棄物を売買したい人にとっては、金属相場の動きが金属廃棄物の売買価格に大きく影響します。さらに、こうした金属を取り扱う株式会社の株価にも金属相場が影響を与えます。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

プラチナ相場の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

プラチナ相場は日本では東京工業品取引所にて取引されています。プラチナを売買するのは、先物取引で、将来の一定の日付までにプラチナが上がるか、下がるかを考えて取引をします。ちなみにプラチナとは白金のことで、こちらの名前で親しみがある人も多いと思います。

金相場と異なり、株式や外国為替の動きとあまり連動しておらず、プラチナ相場の先物取引は特に一般の人には難しいかもしれません。ただし、基本的には供給側の生産量が限られているので、年々プラチナ相場は上昇する傾向にあります。

プラチナ相場では、東京工業品取引所が取引の主導的な立場となっています。これは、日本がプラチナ需要の10%を占めているからです。ですので、東京工業品取引所でのプラチナ相場の動きはプラチナ価格に影響が大きいものとなっています。

最近ではネットを使ったオンライントレードでプラチナ売買ができるようになったのですが、やはりあまり親しみがあるものでもなく、特殊なものなので、一般の人は手を出さない方が良いと思えます。

プラチナ相場は、他との連動というよりは、プラチナの需要にを受けることが多いです。もともとプラチナは、宝飾用や自動車触媒への利用が需要になっています。

自動車触媒への利用に関しての需要は、環境規制や自動車大手産業の景気に大きく関係してきます。

また、プラチナの生産は、南アフリカやロシアなので、こうした国の情勢もプラチナ相場に大きな影響を与える可能性があります。

プラチナ相場に親しみがある人は少ないと思いますので、まずはこうした情勢などとプラチナ相場の動きを対応付けて相場の動きを確認してみてください。

こうすることで、何がプラチナ相場に影響を与える因子となるのか、分かってくると思いますし、そうなれば、プラチナ相場での売買にも自信が持てるようになると思います。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

外国為替相場の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

外国為替相場は、通貨間の交換比率を定める相場で、異なる通貨間の交換レートが示されています。これを為替レートと呼びます。

たとえば、ドル円は、1米ドルが何円かを示しています。ドル円の為替レートが100円の状態では、100円で1米ドルと交換できることになります。そこからドル円が90円になった場合は円高になったことになります。100円より安い90円で1米ドルと交換できるようになったので、円の価値がドルに対して高くなったと考えます。ドル円が110円になった場合は逆で円安になったことになります。

最近では、FX(外国為替証拠金取引)が一般的に広がりつつあり、多くの会社が、外国為替相場での外国為替証拠金取引を一般ユーザへ提供しています。

外国為替相場では、通貨ペアの為替レートが上がるか、下がるかに投資します。為替レートが変動するので、自分が投資した方向性通りになれば利益となり、逆に動いた場合は損失となります。これが外国為替証拠金取引です。

外国為替相場では、毎日1兆5千億ドルの取引があるといわれています。そういう意味で世界最大の金融市場であると言えます。これは、FXのような投資もそうですが、輸出入などに関わるお金のやり取りに絡んだやり取りもあるため、非常に大きな額となっています。

たとえば、アメリカから何かを仕入れる会社があったとすると、物を仕入れて、供給してくれている会社にドル建てでその料金を支払うので、ドルがなければ円を売ってドルを買い、そのドルで支払うことになります。

株式投資では、それぞれの銘柄において、その日その日で取引数に大きな違いが出たりします。売買取引数が多い日もあれば少ない日もあります。外国為替相場においては、こうした取り引数の変動は株式相場と比較するとあまりないと言えます。

今まで、外国為替相場に参入していたのは、大手の金融機関、銀行、金融マネージャーにしか利用できないものとなっていました。現在では、輸入業者や輸出業者だけでなく、個人投資家にも外国為替相場は利用されています。

外国為替相場での個人投資家の多くは、安定した国の通貨を買い、その通貨の価格が上がるまで待ちます。そして、その通貨の価値が上がれば、高い値段で通貨を売ることで利益を得ています。ただし、こうした取引スタイルでは、年に数回起こってきた暴落時に大きな損失を抱えることが多いようです。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

銅相場の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

銅相場はNY銅相場やロンドン金属取引所で取引されている、市場先物取引での銅の値段の動きのことを指します。

銅市場では、銅建値という単位を使います。これは、先物市場で銅をいくらで何キロ契約したかを表す単位です。たいてい1建値で68万円ですが、重さが違います。

ロンドン金属取引所は、London Metal Exchangeつまり、LMEと表記されています。そこで、LMEの銅相場のことを、銅LMEと呼んでいます。LMEでは、銅に限らず、アルミや鉛、亜鉛なども取引されています。

そしてこれらの非鉄金属の取引価格は、国際的価格指標となっています。銅価格チャートを示す場合には、たいてい1ポンド(約454グラム)で何ドルになるかをグラフで表します。

円表示にするためには1ドルが何円になるか、という外国為替相場にも日本の銅相場は影響されます。また、銅相場に大きく影響するのは、LME銅在庫チャートです。これは、LMEが指定した倉庫にどれだけ銅の在庫数があるかを示しています。つまり、この在庫数が減れば、銅価格は上昇し、在庫数が増えれば銅価格は下がるようになっています。

この銅相場を見ることは、銅を扱う関連会社の株式投資にも役立ちます。さらに商品先物としての銅への投資の指針にもなります。また銅相場は、銅関連会社のホームページで詳しく閲覧することが出来ます。

銅が急騰するにつれ、銅線などの盗難が相次いで起きています。これらは、銅が高い値段で売れる社会の裏を反映したものと言えるでしょう。北京オリンピックでの特需も一息つき、更に世界的な不況へ突入したので、少し銅相場も落ち着くかもしれませんね。





投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

金相場とは?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

金相場は金取引の相場のことで、ロンドン、香港、チューリッヒ、ニューヨークを4大金市場とした、世界市場で取引されています。

日本では、東京工業品取引所にて取引がされています。

この世界市場の中でも特にロンドン市場で決まった金相場は世界に影響を及ぼすものと言われています。

さて、特に金相場を取り上げたのは、金相場の特質によります。金相場は大体において、株や債権などと逆の値動きをする場合が多いのです。これは投資資金がどう流れるかを示しているもので、証券市場が右肩あがりで経済が調子が良い際は、株や債権などでかなり稼げるために、資金がこうした市場に流れ込みます。

ところが、いったん世の中が不況となると、ただの紙切れと化す可能性がある株や債権から資金が引き上げられ、現物があり、金それ自体に価値がある、金相場へ資金の動きが発生するのです。

すると、株は下がるが、金は上がるという現象になります。金が希少価値のある金属だからこそ起きる現象ですね。

資産を株や債券などの財テクで増やそうと考える人なら、金相場で分散投資を考えることは、リスクが少なくてよいと言えます。もともと株や債券は価値がなくなった場合、一枚の紙切れ同然となりますが、金相場の場合には金そのものの価値が残ります。

こうした金自体の特質が金相場をひとつのトレンドを示す重要な確認すべき相場の一つにしています。

金相場では、地金と金先物があります。地金は、実際に金の塊を一キロ単位で取引しています。ただし、これらは金の塊にするのに、加工量などが必要となってきます。それが金の価格にも影響してきます。金を1キロ取引するにはだいたい300万円ほどの資金が必要となってきます。そこで、金先物取引では、10万円以下で取引することが出来ます。

金相場は説明の通り非常に特異な動きを示します。暴落時には金を買って、証券を売り、反対の場合には金を売って、証券を買うといった流れになることが多いのです。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

為替相場とは?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

為替相場と聞くと難しそうな響きですが、為替相場とは要は為替レート、異なる通貨間の取引相場のことです。

日本では東京為替市場にて通貨間取引が行われています。テレビのニュースなどでも、よく円相場のレートが放送されているので、聞いたことはあると思います。1ドル100円などと、主に米ドルに対して円がいくらで取引されているかが発表されています。

金融市場には、債券現先市場やレポ市場、CD,CP市場などのオープン市場と金融機関同士で、資金の過不足調整のために取引をする、インターバンク市場があります。

為替相場は、このインターバンク市場で取引される取引相場となります。これらはすべて電話や電子端末を使って取引されているので、一瞬のうちに世界各国と為替相場取引をすることが出来ます。

最近では、FX、外国為替証拠金取引、と言われ、一般投資家の間でも為替相場での取引により投資をすることが一般的に広まってきました。年に何回か暴落し、また徐々に上がるといった動きをすることが多く、暴落のタイミングで多くの人が資金を失っている、といったリスクの高い一面もあります。

為替相場は、1973年までは固定為替相場制が取られ1ドル360円と決まっていました。以降は、外国為替市場は、変動為替相場となり、今まで続いてきています。各国の経済状態や投資資金の移動などにより、交換比率レートが変動することになります。

ただし、変動率があまりにも大きくなれば、輸出入に絡んだ経済に大きな影響を与えるので、日本銀行や財務省が介入し変動幅を最小限に留める動きに入ります。

為替相場は、各国の主要為替市場で取引されており、24時間取引が可能となっています。この為替相場は、株やそれぞれの国の経済に大きく影響を表します。そこで、投資家達はこうした為替相場を把握し、将来を予測することによって、投資信託などを運営しています。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。