投資で稼ぐ

債権先物取引の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

債券は、国、地方公共団体、政府関係機関、特殊金融機関、企業などが市場から直接資金を調達するためのもので、国による国債、地方公共団体による地方債、企業による社債などがあります。

要はこれら債券の発行体が市場からお金を借りる際に発行するものなんです。株式を保持するということは、会社の持ち主の一人として参画し、業績により、配当を受けたり、株価上昇の恩恵に預かったりします。債券は株式と異なり、要は発行体に対してお金を貸すことになるので、見返りとして利息がつきます。

自分がお金を借りる時には利息を返さないといけませんよね。その逆に自分が貸すので利息がもらえることになります。

債券先物というのは、将来の一定期日に、債券を現時点で約定した価格で取引することです。債券先物は、東京証券市場に上場されています。また、債券先物には、償還期限があります。中期国債先物なら5年で、長期国債債券先物なら10年となっています。これらは、実際に有価証券として発行されているわけではなく、標準物と呼ばれています。これは、架空の債券で取引されます。

先に挙げた将来の一定期日ですが、限月と呼ばれる受渡期日がこれに当たります。限月は、3月、6月、9月、12月となっていて、それぞれ20日が受け渡し日と決まっています。

債券先物取引の受け渡し方法には、二つの決済方法があります。その一つは、受け渡し方式と言って、現物債券を期日に受け渡す方式です。もう一つは、差金決済方式で、先物取引の期日までに売り買いという反対の売買をして、その差益分を決済します。これは日経225など株価指数の先物取引と同様の考え方になります。

債券の現在値段は償還時の価格(100万円の額面の債券であれば100万円になります)を償還までの期間の合計利回りで割ることで求められます。償還額は債券が発行された際に決まっているものなので、利回りがどう変わるかで、現時点での債券価格が変動します。

AとBと二つの会社があった場合に、Aの方がBよりも業績が良く、将来も安定成長すると考えられているとすると、A社が発行する社債の方が安全なので、利回りが低くなります。危険な会社の社債ほど利回りが高くなってきます。

債券先物の値動きはこうした社債の価格決定の将来予測を反映しているので、すなわち将来の株価の動向に直接連動してきたりします。アナリストや株主達は債券先物の価格にいつも注意を払っています。

債券先物の現状を知るには、債券市場に注目すると良いでしょう。それぞれの証券会社は、債券先物の価格動向を見ながら、翌週の株価予想をします。証券会社によって見方は違いますが、債券先物で予測が出来ると言えます。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

ダウ先物の概要と将来予測


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

ダウ平均株価は、アメリカの経済ニュース通信社であるダウ・ジョーンズ社が代表的な銘柄を選定して、基本的にはそれらの平均株価を示しています。

ダウ工業株30種平均(ダウ平均)、NYダウ、ニューヨーク平均株価とも呼ばれます。銘柄は全てニューヨーク証券取引所に上場しているのではなく、インテルやマイクロソフトのようにNASDAQに上場している銘柄も含まれます。

算出が始まった1896年以来ずっと30種に入っているのは、ゼネラル・エレクトリックただ1社のみとなっています。結構入れ替わりがあります。

実は、通常ダウ平均株価と言われると、この工業株30種平均のことを指しますが、ダウ平均株価は他にも2種類存在します。輸送株20種と公共株40種です。

ニューヨークダウ平均は、株価のテクニカル分析をする上で、とても有効な指数となっています。もともと先物とは、将来の株価を予測した価格のことです。そこで、ダウ先物は、ニューヨークダウの将来の株価平均から予測し、算出されたものです。

日経とダウの取引時間が違うので、日本では夜中のニューヨークダウ先物の取引価格を一つの指針にして、次の日の株価を予想するといったテクニカル分析がなされています。

実は、ダウ先物と、日経平均は結構連動することが多いのです。ですので、ダウ先物が上がれば、日経平均も上がると考えられています。そう考えれば、ダウ先物の指数を重視することによって、日経の株の現物取引や、日経平均先物などの価格が次の日どのように動くか、予想することが出来ます。

世界の株価指数が落ち込みを見せた後は、まずダウ先物の指数から、戻りを取り戻してくると言えます。欧州株価やシカゴ、それに、ニューヨークの株価が下げた後、ダウ先物が戻りを見せてくると、全体的な株の指標に明るい未来が見えてくることが分かります。

言うなれば、ダウ先物が相場を動かすといっても過言ではないでしょう。日経平均が下がり続けている時は、誰もがいつを起点にして、日経平均が上昇するかということに注目をします。その情報こそ、ダウ先物と言えるでしょう。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

日経225先物(日経平均先物)取引の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

日経225先物とは別名日経平均先物とも呼ばれ、日経平均という株価指数の将来時点での価格を予想して取引するものになります。

元となっている日経平均株価とは、東京証券取引所第一部(東証一部)に上場する会社の中から日本経済新聞社が選んだ225銘柄を対象として算出される株価指数で、対象が225銘柄なので、日経225とも呼ばれています。

日経225先物取引の売買では、将来の日経225が上がると考えれば、買います。これを買建といいます。また、将来は下がると予想すれば、売建となります。

取引単位は株価指数の1000倍となりますので、日経平均が1万円だとしたら、1000万円が取引単位(=1枚)になります。その先物取引になりますので、1枚取引するために1000万円が必要な訳ではなく、証拠金(数十万円程度)を入れることで取引が可能となります。

買建で入った場合には、期限内に予想通り上昇し、決済したタイミングで、上昇分の差額利益を手にすることができます。また、予想に反して下落してしまった場合には、その差額が損失になります。もちろん別途手数料などもかかります。

差額の損失により、証券会社に預けている証拠金が足りなくなると、追証といって、証拠金の積み増しが必要になります。

1000倍の値段が取引単位ですので、日経平均が10円動くと、1枚の値段は1万円動くことになります。日経平均が一日で数百円動くことは普通にあることですので、その場合には一日で数十万円の利益あるいは損失につながります。

この辺りがハイリスク・ハイリターンと呼ばれる理由になります。

昔は、日経225は、売買手数料が高かったせいで、プロの投資家だけのものだと考えられてきました。ところが、最近では数多くのネット証券の登場により、手数料が安くなっています。そこで、個人投資家も、日経225先物に参加するようになってきました。

日経225先物の取引時間は、一般の後場の取引終了時間が10分長くなっています。売買効率や、流動性という意味においては、他の日経300やTOPIX先物よりもずっと高くなっています。それは、日経225先物は、日本の証券取引所だけで取り扱われているのではなく、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)やシンガポール証券取引所(SGX)でも取引されているからです。

さらに、最近では海外の証券取引所で日系225先物の取引が取引されているだけでなく、個人投資家の増加によって、さらに流動性が高くなっていると言えます。

数十万円の証拠金で取引し、簡単に数十万円の動きがあるので、やはりハイリスク・ハイリターンな取引形態の一つになりますので、自分の余剰資金を使い、更に損を抱えた場合にも対応できるだけの資金余力を残しながらの取引が必要となります。

また、最近では、日経225ミニという取引単位が通常の10分の1で良い、比較的に気軽に参加できるものも出てきています。手数料との兼ね合いもあるとは思いますが、最初はこちらを使うのも良い考えだと思います。

投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

シカゴ先物(CME)とは?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

シカゴ先物、CMEなどと聞いても何のことだか分からない人が多いと思いますが、実は日経平均の値に影響を与える重要なファクターなんです。

株式市場や株の情報で、CME(CME Nikkei 225 Futures)と表示されている場合に、これは、シカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange)で取引されている日経平均の先物のことなんです。これをシカゴ先物と呼びます。

シカゴ先物は、その日の日経平均を大きく左右するファクターなので、株式を取引する場合に大変重要な指標となります。要は、シカゴ先物の値段をしっかり見ることによって、日経平均の予測がある程度付けられると言えます。

特に、CMEが前日200円以上の上下があった場合には、日経平均への影響が極めて大きくなる場合がほとんどです。上に振れた場合には、その日の日経平均が全面高になる可能性が高くなり、シカゴ先物が200円以上下がる場合、その日は全面安となる可能性が極めて大きいということです。

ですから、株の取引をするなら、必ずこうした先物の値段をチェックしておく必要があります。株を取引するためには、出来るだけ多くの情報を収集することがその成功につながるからです。

最近はインターネットで取引をする場合が多いと思いますが、多くのネット証券会社でも、最初にシカゴ先物の情報が載せられています。そのシカゴ先物の情報こそが、その日の日経平均に影響を与えます。

日本の日経平均とシカゴ先物の取引時間が違っているので、よけいにシカゴ先物の価格が日経平均に影響すると言えます。シカゴ先物は、次の日の株式情報の一つとして利用されていると言えます。

現在はインターネットでいつでもシカゴ先物取引の様子を知ることが出来ます。日経平均の株を取引する人は、CMEの数値の見方をきちっと覚えておくべきでしょう。

CMEは4行に渡って数字が載せられています。一番上から順に限月が近いものから並んでいます。また、各行の右の方にSETTという項目があるのですが、これが終値になっています。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

日経平均先物(日経225先物)取引の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

日経平均先物、日経225先物とは、将来の決められた期日に日経平均が現在の価格と比べて上がるのか、下がるのかを予測して取引するものです。

日経平均は日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数ですので、日経225とも呼ばれています。株価指数には日経225の他にも、TOPIXやマザーズ指数などがあります。

通常の株取引のように現物株を取引するのではなく、指数の上げ、下げという動きを取引します。上がると予測して買い取引をした場合、上がればその差額が利益となりますし、下がると損失となります。下がると予測した場合は売り取引ができます。

先物取引なので、証拠金を準備し、それを元に本来の値段よりかなり少ない元手で取引が可能となります。そのため、かけた額に対する稼ぎあるいは損失の額も割合的に増えることになります。

ですので、主にそのリスクをきちんと把握して自分の余剰資金の範囲内で取引を行う必要があります。

日経平均先物の取引単位は、日経平均の1000倍で、値段の刻みも10万円です。ただし、実際自分が用意する証拠金は40万円〜70万円程度となります。ですのでレバレッジがかなり高い取引になり、その分リスクも高くなるという訳です。

最近では、売買単位が10分の1の日経ミニも登場してきました。これであれば、投資額、損失時の額が小さくて済むので、投資しやすくなっています。

日経平均は株などをやらない人でも毎日ニュースなどで目に入ってくるもので、非常に馴染みがある数字だと思います。株であれば、個々の会社のファンダメンタルなども考慮する必要がありますが、日経平均であれば、日本全体の大きな経済状況の流れを考えるので、より楽しくできるかもしれません。

ただし、リスク管理(出しても良い損失額の把握と、そこで収めるためのロスカット対策など)をきちんと考えて、取引することが肝要です。

税金対策についてですが、税率は、株の取引と同じ20%ですが、損益通算は株取引と一緒にすることはできません。損益通算が出来るのは、株価指数先物やオプション取引、それに商品先物取引だけとなっています。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

金先物取引の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

先物取引の中で主なものを取り上げて説明してみたいと思います。先物取引に金、原油、大豆、コーンなど各種あるのは知っている人も多いと思いますが、個々の詳しい内容について押さえている人は少ないと思います。

それでは、先物取引の中で、金先物について解説します。金の取引には、現物取引と先物取引の二つがあります。金先物は、何ヶ月か先の価格に対して予約して取引します。

そこで、実際に決めた予約日の時に、価格が下がっていても上がっていても、決めた価格で取引されます。取引は、買いと売りの両方可能で、先に買い付けを行って、上がった時に売る、買いから入るものと、その逆に先に売って、後から買い付ける、売りから入る方法があります。

買いに関しては買い付け時の価格より上昇すれば売却益が出て、逆に、売りについては売ったタイミングよりも価格が下がれば利益となります。それぞれ反対のケースでは、損失となります。

金先物が、他の先物と大きく違う点は、最初に支払う証拠金が実際の金の取引の金額よりも少ない金額であることです。もし、現物取引で1kg320万円ほどの資金が必要だとしても、先物取引では、最低12万円ほどで取引することが出来ます。

金先物を取り扱っているのは、国内では東京工業品取引所です。海外では、ニューヨークのCOMEX、ロンドンでは、フィキシング、中国では香港や上海、それにオーストラリアではシドニー、スイスのチューリッヒなどで取引されています。

東京工業品取引所で金価格はオープンに決められています。また、金の先物取引に特徴的なのは、金倉荷証券を発行して、金地金を保証するようになっていることです。この証券や金は、倉庫会社が保管するので、金先物を取引するには、この倉庫会社に対して、保管料を支払わなければなりません。

もしも、この倉庫会社から金を取り出すには、年間一kg9000円の保管料と、手数料300円が必要になります。金価格が上昇する原因は、さまざまあると思いますが、主なものに、金の需要の増加、金産出国での非常事態発生、不況による株式市場暴落などがあります。よく言われるのは、不況時に金などの現物が強くなる、ということです。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

原油先物取引の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

先物取引の中で主なものを取り上げて説明してみたいと思います。先物取引に金、原油、大豆、コーンなど各種あるのは知っている人も多いと思いますが、個々の詳しい内容について押さえている人は少ないと思います。

では先物取引の中で、原油先物について解説します。原油価格は普段の生活の中でも、車のガソリン価格などへ反映されるので、原油については興味を持って見ている人もいるかもしれませんね。

実は、原油先物には、3つの指標があります。

1.ウエスト・テキサス・インターミディエートのWIT
2.欧州産の北海ブレンド
3.中東産のドバイ

中でも最も大きな影響があるのは、1番のWIT原油先物指標です。ウエスト・テキサス・インターミディエートはアメリカのテキサスで産出される大変質のいい原油のことで、ニューヨークマーカンタイル取引所で原油先物取引が行われています。そして、WIT原油先物は市場で取引される量が大変多くなっています。

原油先物だけの話しではありませんが、実際に商品先物取引を始めるには、取引証拠金という預託金が必要です。最初に預託する金額は、最低取引単位一枚が27万3000円のところが最高額で、最低は2万7千円となっています。

もちろん、こうした取引証拠金は、商品によって変わってきます。実際の商品取引額は、こうした取引証拠金よりもかなり高額になり、15倍から40倍の取引額になる場合があります。

WIT原油先物の取引をするには、先物取引を扱う証券会社にまず口座を開設する必要があります。日本では、岡地、タイコム証券、SBIフィーチャーズ、小林洋行、北辰物産、フジフューチャーズが原油先物を取り扱っています。

WITは、アメリカの証券取引所で取引が行われているので、取引時間帯はアメリカの日中になります。原油先物取引をする際には、先に挙げた会社に口座を開設するのですが、自由化により証券会社で手数料が異なりますので、証券会社の信用度と手数料の違いなどを考慮して会社を選んでください。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

先物取引の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

先物取引は商品先物や日経225先物などが有名だと思います。分かりづらいコンセプトなので、初心者には難しいかもしれませんが、要は、将来の値段の上げ下げを取引することになります。

たとえば、商品先物取引では、コーヒー豆や農産物それに金や原油などの将来の決められた期日の値段が現時点より上がるか、下がるかを予測し、それに対して取引を行います。

上がると予測した場合には、買い契約をし、受け渡し期日以前に値上がりした場合には、その時点で売って、値上がり分の差益を得ることができます。下がると予測した場合はこの逆になります。

これらは商品先物市場にて取引されますので、通常の証券取引所とは異なります。

これに対して、証券取引所で行われる先物取引は、株価指数を取引するものになります。また、先物取引には、将来の株や債権を取引するという意味もあります。これには、日経225先物、日経225mini、日経300先物取引、RNプライム指数先物取引、があります。

この他、シカゴ先物、日経平均先物、ダウ先物、債券先物などがあります。このうち、株価指数先物取引は、3月、6月、9月、12月の隔月の第二金曜日の前日を取引終了日とする限月取引で行われます。

3月や6月などのそれぞれの限月期間は、1年3ヶ月となっています。先物取引は、指数の100倍から10000倍となります。もし、日経225で一単位15000円の先物を10単位約定すると、15000円の10倍と指数の1000倍をかけて15000万円が約定価格となります。

ただし、先物には株価と同じように、16%程度の値幅制限が決められています。

このように先物はFXなどと同様の証拠金取引となるので、小額の投資額で大きな得、あるいは大きな損を出す取引になります。

投資効率としては良いですが、先物取引のメリット、デメリットについて良く理解し、追証などのリスクもきちんと把握した上で、自分のリスクの取れる範囲で投資する必要があります。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。