投資で稼ぐ

株価チャートとテクニカル分析について


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株価(相場)の動きを見るためにチャート(ケイ線)と呼ばれるものがあります。代表的なローソク足チャートは見たことがあるのではないでしょうか?

チャートは過去の株価の動きをグラフとして捉えることができ、またこうした動きが同じような傾向を示す場合が多いため、株投資の売買タイミングを判断する目安として使われます。

主にチャートを利用して株の動きを分析する方法はテクニカル分析と呼ばれ、企業の財務状況や将来性、また経済動向などを元に分析するファンダメンタル分析とよく対比されます。

テクニカル分析では、株価の動きにパターンや習性があると考え、過去の動きを元に将来を予測します。こういった形が形成されるとこうなるかも・・・と言った見方をしたりします。

ただし、サブプライムローンのような問題への対応はテクニカル分析だけでは見つかりませんし、その他にもやはりテクニカル分析だけに頼ると危ないケースがあります。

ファンダメンタルで大きな流れを追いながら、テクニカル分析で直近の動きを捉える、といった使い方が良いかもしれません。

株チャートをどう利用して行くかについては、インターネットでも多くの情報が見つかりますし、関連書籍、情報商材など数多くの情報があります。

チャートにも多くの種類がありますが、株価を単純にプロットしたもの、トレンドを示すもの、買われ過ぎ、売られすぎと言った過熱度を示すものと3つ位の種類に大別されます。どのチャートをどう使って行くか、それぞれの見方と組み合わせ方にもノウハウがあると言われています。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。