投資で稼ぐ

ベトナム株の注目点と取引方法


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

ベトナム株は中国株やインド株の次に注目された投資先です。注目されると投資の資金が流れ、当然ですが株価がだんだん上がってきます。割安に感じられる間、どんどん成長している間は良いのですが、株価が相当上がってしまうと、投資のリスクに比べて、リターンが低くなってきます。

そうすると市場のお金は次の高成長先を見つけてそこへ流れて行きます。中国株などの割安感が無くなってきた後に注目されたのがベトナム株でした。

こうした注目先は後進国の中で比較的に政情が安定していて、政府が進んで外国資本を受け入れていて、更に中にいる人がまじめ(工場などの誘致)、資源がたくさんあるなどの特徴があることが鍵になります。

ベトナムは人件費が安く、人々がかなりきちんと働くので、人件費や土地取得費用などがどんどん高くなった中国などからベトナムへ工場をシフトする会社が増えてきています。さらに日本にはない豊富な資源も重要な成長要因です。こうした中で非常に大きな経済成長が見込まれるので、それに従って株価も相当高くなると思われ、投資先として選ばれています。

昨今は余剰資金が市場に多くある状態で常に新たな成長市場が探されています。ただし気をつけなくていけないのは、そうした資金がある程度株価が上がると次の投資先へ向けて引き揚げられ、株価の下落が起きることが多い、ということです。

ブームになり、多くの人が参入して、更に誰も彼もがもてはやし始める頃は結構危険な状況になっている可能性があります。そうしたことを考えて投資をする必要があります。

ただし、ゆるやかな後退だの、庶民が体感できない回復だのを繰り返している日本経済よりはよほどリターンが多くなる可能性も高いので、早めの情報収集と行動が重要です。


ベトナム株はベトナムの証券会社に口座を開けば誰でも買うことができます。ベトナムの証券会社に口座を開くためには、直接出向くか(旅行がてら行ってみるのも楽しそうですね)、郵送手続きになります。

郵送の手続きは、日本語のできるスタッフのいる証券会社に電話やメールで連絡して書類を送ってもらうことからスタートします。手数料は他の証券会社に比べて割高な場合がありますが、ベトナム語ができる人はなかなかいないと思うので仕方ないですね。

書類が送られてきたら公証役場へ行き、サインを認証してもらいましょう。その後、認証された書類とパスポートのコピーを持ってベトナム公館へ。領事認証を得たら、書類を証券会社に返送してください。

かなり面倒くさい手続きなので、この時点で止まってしまう人も多いと思います。手間かけるよりお金で解決したい人は、口座開設を業者に代行することができます。手数料は取られますが、自分で開設する場合でも諸費用でおおよそ5万円必要で、下手をしたら代行業者に頼んだ方が安く上がることもあります。信用できる業者が見つかれば、お願いする方が良いかもしれません。


投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

インド株に投資する方法


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

インド株と言っても馴染みのある人はほとんどいないと思います。ブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国は「BRICs」と呼ばれ、大きな経済成長を遂げている国として世界的に投資などの対象になっています。

インドは英語が通じること、タイムゾーンとして、24時間サポートの1つの基地となり得ること、数学・コンピュータが強く技術者を多く輩出していること、人件費が安いことなどから、外国資本が多く流入している伸び盛りの国です。

経済が伸びているということは、即ち株価が右肩上がりになっているということで、日本でも投資家から注目を浴びています。ただ、注目は浴びているものの、日本からは直接個人でインド株を買うことができないので、日本からインド株に投資するということは、イコールインド株ファンドに投資をすることになります。

ファンドとは、ファンドマネージャーという投資のプロが売買する株式等を選択するものです。投資家は、ファンドへお金を投資し、ファンドマネージャーが集まったお金を見立てた株や債権等へ振り分けて分散運用します。

ファンドはファンドマネージャーの力量と、主に何を取り扱っているかが重要となります。今まさに右肩上がりのものと取り扱っていれば、それに合わせてリターンが大きくなる可能性が高いのです。

ファンドであれば、比較的小さな資金で分散運用が可能となるので、上手に使えばリスク回避にもなるので、投資初心者でも手の出しやすい商品です。

インド株にまずは挑戦してみたい、という人にはぴったりですね。ただし、ここでもやはり最終的には自分の知識が重要になります。ファンドマネージャーにまかせきりでは、資金の投入や引き上げといったコントロールができないことになります。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

中国株の状況と取引方法について


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

中国株は一時期非常に高い成長をし、大儲けをした人が数多くいるので、日本でも手を出している人が多いです。

中国株は、株取引に慣れてきた中級者向けです。中国経済は日本経済とは異なっているので、当然、株の値動きも(多少は連動していますが)異なっています。日本では景気低迷により、株価が大きく下がった一方で、成長を続けて来た中国株は、ここ最近まで非常に大きく上がって来ました。

ただし、上がり過ぎて、過熱感が膨らみ、一旦調整が入っています。中長期的に見ると、まだ中国経済は上がる余地があり、更に元国営企業のIPOなど、非常に楽しみな中国株です。

もちろん、遊びでは無いので、中国経済、中国企業、世界的な経済の流れなどを把握してしっかりと自分なりに見極めて投資する必要はあります。

が長らく不況続きで株価も低迷している日本と違い、経済成長著しい中国の株取引をすることは、大きなチャンスにもなり得ます。

中国の経済は2008年北京オリンピックまでは右肩上がりだと見られていて、好機とばかり、多くの日本人投資家が中国株取引に挑戦しています。日本と比べると大企業の株が安く買えるだけでなく、まだのびしろがあると見られる中国株は今、大人気となっています。

また中国株といっても、日本にいても中国株の売買はできます。中国株を扱っている証券会社は年々増えてきているので環境としても非常に安心できる状況が整ってきています。まずは中国株を扱っている証券会社の比較をしてみてください。中国株は、上海と香港と2つの市場があり、両方に上場している会社が結構あります。そして面白いことに、上海市場に比べて同じ会社にも関わらず、香港市場の方が割安だったりします。この辺りも面白い要素ですね。

実際の取り引きにおける情報は、書籍よりもインターネットの方が新鮮な物が手に入ります。2008年5月の四川大地震は株価にずいぶん影響を与えました。株価も急落と反発をくり返しましたが、今は落ち着きを取り戻しています。これから先の被災地の復興によっては、株価が跳ね上がる可能性もあるかもしれません。人の不幸まで株価に影響するので、ある程度冷静に分析して行かないと駄目なのが株を見るつらいところでもありますね。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。