投資で稼ぐ

三菱東京UFJ銀行で外貨預金


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

金融再編の波の中で出来上がった、巨大な銀行である三菱東京UFJ銀行も、外貨預金を取り扱っています。

資本が大きく、信用格付も高く、公的資金の導入からもいち早く立ち直りその後大きな利益を上げるなど、日本の中でも筆頭にあげられるほどの銀行ですので、当然外貨取り扱いもされているということになります。

数ある日本の銀行の中から選択して外貨預金をするのであれば、まず候補に挙がってくる、かなり安心してお金を預けられる銀行だとも言えます。

では、三菱東京UFJ銀行の外貨預金商品についてですが、預金の額や取引の金額によって、金利が違ってくる設定になっています。また為替手数料は預金する外貨の種類によって異なってきます。たとえば、アメリカドルの為替手数料は1ドルにつき往復で2円、ユーロで3円、オーストラリア、ニュージーランドドルで4円などです。

やはり取引量の多い通貨の手数料は低くなっています。イギリスポンド、スイスフランといった取引量の少ない通貨は、8円と高くなっています。

金利については、通貨が異なれば異なるのは当然だとしても、同じ通貨でも、外貨普通預金と外貨定期預金では金利が異なりますし、期間によっても異なってきます。

外貨定期預金が外貨普通預金より金利が高いのは理解しやすいですよね。決められた期間、原則的にはずっと置いておくわけですから、銀行も資金計画が立てやすくなります。

もし、中途で定期預金を解約しなければならない場合ですが、原則として外貨定期預金は中途解約はできません。ただし、銀行側が事情を認めた場合だけ中途解約が可能となります。

この場合、預金開始日から解約日までの金利は受け取ることができますが、外貨定期預金ではなく、外貨普通預金の金利が適用されます。

基本的には定期の期間使う必要のないお金を預金するようにしましょう。

最後に取引時間についてですが、メンテナンスや年末年始を除くと、インターネット、モバイルバンキングは24時間体制で対応しています。ただし為替レートの変動は、FXとは異なり、1日1回に限られています。

最新の情報は三菱東京UFJ銀行へ問い合わせるなり、支店へ赴くなりして確認してみてください。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

田中貴金属相場とは?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

田中貴金属相場と聞くと少し変な感じがするかもしれませんね。田中貴金属工業株式会社という一つの会社が相場を形成している?と疑問を持たれるかもしれません。

田中貴金属工業は、地金売買を行っており、そこで売買される地金の価格が田中貴金属相場ということになります。田中貴金属工業では、1978年にはゴールドの完全輸出入自由化に伴って、ロンドン金属市場公認溶解検定業者として認定されました。これにより、国際金市場で金地金を製造する資格を得たのは、田中貴金属工業が日本初となります。田中貴金属工業は、ネットワークの広さから、金地金や地金型金貨の売買を即座に行うことが出来ます。

地金の売買は来店、電話などで田中貴金属相場を通じて行うことができます。昨今では、携帯電話(モバイル)で相場の確認や売買指示が行えます。これにより全国どこからでも簡単に田中貴金属相場の確認や地金売買ができるようになりました。

また、携帯電話での情報提供は無料で行われているので、それも地金売買への参入障壁を低くしてくれています。

田中貴金属相場で、ゴールドを売買する場合、1グラム単位で価格が表示されており、グラム当たりの価格掛けるグラム数で売買代金が算出できます。

ただし、500グラム以下の売買は、田中貴金属相場では、手数料が必要になってきます。田中貴金属相場において、売買手数料がかかる場合には、その金額は購入の場合も買い取りの場合もほとんど同じで、100グラムあたり5250円となっています。グラム数が少なくなると手数料も当然減ります。

田中貴金属工業では、田中貴金属相場における地金売買だけでなく、プラチナやゴールドなどの精製や分析、それに工業製品製造や販売も行っています。一般の人にはこちらの方が慣れ親しんでいるかもしれませんね。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株ソフト、株ツールについて


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株ソフト、株式ソフト、株ツールといった言葉を聞いたことはありますか?

株ソフトは株式取引をする上で大変な部分の手助けをしてくれるので、どんどん使われる割合が増えて来ているのではないでしょうか。

たとえば、株価の分析・予想、売買した際のシミュレーション、一定のルールに従った自動株売買まで、多岐にわたるソフトが存在しています。

基本的には自分が時間の無い部分で、一定の条件を設置できる場合に自分の仕事を代わりにこなしてくれるツールになります。いくら情報があふれていても、すべてに目を通すことは、不可能でしょう、そこで、パソコンがカバーしてくれるというものです。株式取引が楽になるということです。

最近注目を集めているのが、一定のルール込みで売られている自動株売買ソフトです。基本的な設定をするだけで、銘柄のピックアップから売買までパソコンがやってくれるというものです。ルールに関しては、テクニカル分析の情報を元に売買タイミングを教えてくれるものがあり、これと自動売買が連動されていると、ほぼ自動で株の売買が行われます。

ただし、どんなルールを設定しても100%勝ち続けることは不可能なので、ルールの中に損きりなど投資資産をきちんと守る部分が設定されている必要があります。あまり大きな結果を謳うもので、守りの部分が抜けているものには注意が必要です。

投資で大きく勝つ!というのは非常に魅力的に聞こえますが、往々にして、大きく勝つ、というのは裏を返すと大きく負ける可能性もあることが多いです。投資は最終的には自己判断で、自分の投資資金をリスクに晒す行為ですから、守るという考え方をしっかり見につけましょう。

インターネット上には、さまざまな、株ソフトの情報も公開されています。検索していけば、株式投資の力を養うことにもなるでしょう。各株ソフトがどういった機能を持っていて、どういった利点を挙げているか、そして資産を守るための方策が取られているかなどから検討してみてください。

自動売買ソフトではありませんが、時間の無い人にとって特に役立つソフトがあります。データ収集や売買シミュレーションをしてくれる、株取引予想ソフト”トレード・マネージャー Ver.2”です。

株の基礎知識から取引まで学べる『株取引実践講座』が収録されていて、初心者でも安心です。「多くの銘柄から、どれを買うか」とか、「株取引は売買タイミングはいつなのか」といったときも、投資スタイルに応じて、条件に合った銘柄を選び出します。数ある銘柄から自分に合った銘柄を見つけるのは、大変な作業と時間がかかるものです。株ソフトは、買推奨銘柄を選び出し、買うタイミングと売るタイミングを的確な数字でアドバイスします。株式投資のを補助してくれるソフトであるといえるでしょう。

こうした株スクリーニングを自動化し、その上で出てきた銘柄を自分で深く検討するのは非常に良い方法だと思います。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株購入に際して準備するもの


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株式購入に必要なもの、そして考えておくべきことを書いてみます。株式購入は今は昔と比べて非常に簡単になりました。証券会社の口座を開設さえすればインターネットを介するネットトレードで素早く、そして、手数料も安く簡単に株の取引が可能です。

自宅に、パソコン、インターネット接続があれば、銀行口座と資金さえあれば、証券口座を開設し、株取引を始めることができます。後は自宅でゆっくりとネットトレードをすれば良いのですから、わずらわしい証券マンとのやり取りや売り込みなども無く、非常に快適です。

ただし、あまりにも簡単なのが、逆に問題になっている部分もあります。初心者やリスクを理解していない人が簡単にゲーム感覚で投資(というよりギャンブルに近いですね)をして、大切なお金を無くす場合が多いからです。

注意点としては、まずは投資について勉強し、一通りの用語、そして何よりもリスクについて理解することです。リスクは人それぞれ異なるので明確なことは言えませんが、要はいくらまでなら損をしても大丈夫なのか、その上で、一回の取引でどうなったら利益確定や損きりをするのか、という自分なりのルールを作っておく必要があると思います。

そして、自分の投資の目的、資金、売買スタイルにより、自分に合った証券会社を選ぶことも重要です。売買スタイルとは、たとえば、投資の期間で分けるなら、買った株をその日のうちに売買するような超短期な取引の「デイトレード」、数日の期間での売買を行う「スイングトレード」などがあります。

「デイトレード」では、短期で売買回数が多いことになるので、1日あるいは1ヶ月定額制の手数料を実施している証券会社の中から、手数料を基準に選ぶと良いかもしれません。

「デイトレード」「スイングトレード」を超えて長期的に投資をするのであれば、取引回数は少なくなるので、1回の手数料が安い証券会社を選ぶのが賢明です。

また、手数料だけではなく、その会社の安全性、システムの堅牢性、システムに問題があった場合のバックアップ手段の提供なども考えておくと良いと思います。

後、初心者は銘柄や公開企業の動向などの情報量を多く持っていないので、証券会社が無料で提供してくれるリアルタイムの株価情報や注文情報告なども重要な情報となるので、情報や、サービスが充実しているという観点からも考えてみてください。







投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株スクリーニングで優良銘柄発掘を!


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株スクリーニングという言葉を聞いたことがありますか?

株の醍醐味でもあり、また非常に大変でもある部分が、どの銘柄に投資するかを決めることです。ここで、非常に大変と書いたのは、その投資先の数が膨大だからです。ファンダメンタル分析をするにせよ、テクニカル分析をするにせよ、約3000社にも登る銘柄の中からどれを分析して、最終的にどこに投資するかを決める必要があるのです。

そこで、株スクリーニングという考え方がでてきました。いろいろ条件を設定することにより、分析、投資対象の銘柄を絞り込むのです。例えば、配当を多く出すという会社を選んだり、割安な株を選んだりなどできるということです。

これにより、約3000社の上場銘柄の中で、通常自分の知らない、優良銘柄、投資すべき銘柄が見つかるかもしれません。こうした作業を効率良く実現できるのが「株スクリーニング」と呼ばれる考え方で、実はスクリーニング機能を提供している証券会社は結構あります。無料の場合も多いので、口座開設後に使ってみてください。

また、現在は、証券会社に限らずスクリーニング機能を無料で利用できる、インターネット上のサイトも存在していますので、検索して探してみてください。

スクリーニングの実際のやり方ですが、具体的に、「1株単位」「価格50万以上」「売上高成長率120%以上」などと、入力して検索することになります。そうやって、スクリーニングして検索すると、条件に見合った銘柄のみをピックアップしてくれるということです。

後、株スクリーニングに関して重要なのは、株式に登場する用語を理解することと、スクリーニングによる検索結果は、過去のデータから結果を表示しているので、予測通りに株価が動かない場合もあるということです。

未来を確実に当てられる人、ツールなどは無いので、どんなツールや機能や情報を使ったとしても、投資は最終的には自己責任で行う必要があることは肝に銘じてください。





投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株式売買手数料について


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株の売買をする際に考慮する必要があることの一つに株式売買手数料があります。これは1999年10月1日の株式手数料の完全自由化により、それまで一律であった売買手数料が証券会社毎に異なるようになったため、株売買をする証券会社を選択する際の考慮ポイントの一つになりました。

株の売買は証券会社を通して行うのですが、売り、買いそれぞれの場合に、証券会社に対して手数料を支払う必要があります。当然その手数料の分だけ、利益が減ったり、損失が増えたりしますから、手数料が安いというのも証券会社を選択する際のポイントになっています。

実際の売買手数料は、各証券会社によっても異なりますし、証券会社の中でも、注文方法や約定金額(株価×株数)、取引方法によって細かく設定されており、それぞれ手数料の料率が異なります。

また株の売買のたびに手数料がかかる方法もあれば、その日のうちなら何度売買しても手数料が一定の方法(定額手数料)もあります。定額手数料の場合、たとえば50万円〜100万円の取引なら定額で900円とか1200円といった設定になっています。

さらに約定金額「50万円〜100万円」を比較してみても500円台から1000円台まで、証券会社によって手数料の料率は異なります。 また、その手数料も、毎日頻繁に売買するのか、それとも比較的長期保有なのかによっても変わってきす。

たとえばあなたの取引がデイトレーダータイプで一日の中で何度も取引するのか、それともスイングトレーダータイプで数日かけて取引をするのか、もしそうしたタイプが決まっているのであれば、そのタイプの手数料が優遇される会社を選ぶと良いと思います。

もしいろいろ取り混ぜて取引をするのであれば、複数の証券会社に口座を作成し、タイプ毎に得な会社で取引をするのも良いかもしれません。

株に関わるコストが小さくなれば、その分を投資に回すことができるわけで、より有利な運用が可能になります。手数料については会社選びの段階できっちり検討して、あなたの投資スタイルに合った良い証券会社を選んで、より良い投資成果を出せるようにしてください。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株式シミュレーションについて


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株式投資を始めようと考えている人、始めたけどあまり売買をしていない人は株式シュミレーションをしてみてはどうでしょうか?

株式シュミレーションとは、実際の株式投資をゲーム感覚で楽しみながら無料で体験できるサービスで、いくつかの証券会社に用意されています。

株式投資はそれ程複雑な売買方法を使っているわけではありませんが、そうは言っても、以前の電話による口頭注文と異なり、全てオンライン上から自分で注文できるネット口座が流行っているので注文方法をしっかりと覚えておく必要があります。

売買の誤りがあると、大切な自己資金が痛手をこうむることになりますから、やはりまずは株式投資シミュレーションにより、売買の流れ、売買方法、さまざまな情報の見方や使い方などを先んじて確認しておくことが重要ですね。

シュミレーションネット口座の開設は非常に簡単で、通常はオンライン上で開設し、すぐ使えるようになります。

口座へオンライン上からログインすると、実際の株価よりは少し遅れますが、リアルタイムの現実の売買と同様に株価の動きをみながら売買ができます。

たとえば、野村證券のホームページでは、野村バーチャル株式投資倶楽部というサービスがあります。参加エントリーは無料で、株式のシュミレーションが行えます。まず、仮想の100万円が支給されます。その100万円を元手に、自由に株式の売買シュミレーションができます。その他ネット証券でも開催されているので、気になる会社のサービスも確認してみてください。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株主優待で投資のリターンを増加?!


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株主優待は日本の株式に特有のサービスで、株主に対して持ち株の数に応じたプレゼントをするものです。略して株優(かぶゆう)と呼ばれる場合もあります。

株主優待の具体例としては、百貨店の株に対する買い物割引券や遊園地の株に対する入場券サービス、食品会社株の食品そのもの、さらにはオリジナルグッズなどがあります。

通常、株式を保有していると、配当や値上がりを期待し、これがどの程度になるかによって投資対効果に影響するのですが、この株主優待は隠れたリターンになります。株主優待でもらえるものを金額換算して配当に加えると、実際のリターンとなるのです。

株主優待は会社によって様々で、非常に良い=リターンの高い場合もあります。そこで、「知って得する株主優待」という雑誌(1,000社を超える優待実施企業の情報を楽しく、わかりやすく紹介)など、株主優待を特集するものもあるほどです。

「知って得する株主優待」という雑誌では、優待内容や事業内容などをコンパクトにまとめて掲載していたり、財務情報、株価チャートなど投資の基本情報も載っているので、投資をする際に手元に置いて参考にするのも良いのではないでしょうか。

株主優待は投資のリターンの一つとして、また楽しみの一つとして、更には自分の好きな会社、商品、サービスをサポートする一つの手段として、これからも注目できる制度ですね。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

未公開株の特徴と取引方法


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

未公開株はあまり馴染みがないかもしれません。当たれば大きく、はずれればゼロになってしまう、ギャンブル性の強い投資になります。未公開株を購入するメリットは当たった時の大きな利益ですね。

未公開株はその名の通り、公開=上場前の会社の株式を取得することになります。そして運良く、上場して株式公開することになれば、大きな付加価値が付く場合があります。その企業や会社の価値以上の株価が付く場合が多く、ときには、5倍や10倍になる場合もあります。そのタイミングで売ることにより、未公開株で大きな利益を得ることが出来るのです。

そのため、未公開株は大変人気があり、未公開株を手に入れるのは大変難しい状況です。

もちろん未公開株のデメリットもありますので、デメリットを押さえて投資する必要があります。ゼロになってしまう可能性も結構あるので、まずは余剰資金での投資が前提になります。
・その株についての情報が入手しにくい
・売却が大変難しい(公開後は売却し易くなります)
・上場前に企業業績が悪化すると、未公開株価値が下落
・会社が失敗して倒産すると、全損となる

未公開株の売買は、証券会社の業界団体である日本証券業協会が提供する、<グリーンシート市場>で行われます。非上場会社の株式等を売買するために、平成9年7月からスタートさせた制度です。グリーンシート銘柄の取引を初めて行う投資家は、グリーンシート銘柄の性格や取引の仕組み等について十分に学んでから申し込むことをお勧めします。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

ミニ株の説明とメリット、デメリット


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

ミニ株という言葉を知っていますか?ここ数年よく聞く言葉だと思います。ミニ株はその名の通り、一般の株に比べてミニな取引になります。何がミニなのかと言うと、株を購入する単位です。

銘柄により単位が1株、100株、1000株など単位が異なる場合があるのです。株を売買する場合は、単位株の整数倍でしかできないのが決まりでした。例えば1000株単位の場合は、2000株や10000株などは取引可能ですが、700株や50株といった取引はできません。

ここで問題となったのは、1単位での売買が結構高額になる場合が多く、株売買が一部の結構お金に余裕がある人に限られていたということです。

そこでできたのがミニ株という制度です。ミニ株は単位株の10分の1から売買が可能になります。1000株が単位の場合に100株から売買が可能になります。従来に比べて、10分の1の資金で株取引ができることになります。

ネット株とミニ株のセットで個人投資家に株取引の門戸が大きく開かれたことになります。


株価が2000円、単位株が1000株の場合、今までであれば最低200万円の資金が必要でしたが、ミニ株であれば、20万円で済みます。資金が少しでいいというメリットから、ミニ株は投資初心者や女性、兼業投資家など幅広い層の支持を得ています。

株に投資する場合にはリスクを分散するために、分散投資が重要になる場合がありますが、分散投資にも強い味方ですね。

ただし、ミニ株にはデメリットもあります。もっともよく言わるのが、手数料が相対的に高いことです。売買を繰り返すと、都度手数料がかかりますので、利益よりも手数料が高くついた、という笑えない話しもでてきたりします。かといって、ミニ株は単位株になっていないため、株主としての一つの楽しみである株主優待が受けられません。ただ持っているだけで得をすることがないので、上がり下がりに合わせて売買をする必要があります。

また、いくらになったら売る、買うといった「指値注文」ができません。ミニ株にはいろいろと制約もあるのですが、資金も少なくて済みますし、当然損した際の額も小さくて済むので、投資初心者にとってはまず株取引を始める際の練習としても良いと思います。

後、ミニ株で気をつけることは、取り扱っていない証券会社があるので、証券会社で口座を開く際に良く確認してください。


投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

ネット株が個人投資家に人気です


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

ネット株という言葉を聞いたことはありますか?これはネット株という名前が示す通り、インターネットを使って株取引を行うことです。

個人投資家の数が急増した背景にはインターネットを利用したネット株による株取引のインフラが整備されたことがあげられます。

インターネットを使用した株取引と言っても、パソコンやネットワークの知識はほとんどいらず、各社が提供しているオンライン取引環境の中で、売買をするだけですので、非常に簡単です。

また、一時期問題となった証券会社の営業による、値下がり株のお勧めといった自分達にとって不利益な一方的な情報も入ってこなくて済みます。


更に、ネット専業の証券会社であれば、実店舗を持たないことによるコスト削減分を手数料や口座管理費などに反映してくれていることも多いのが嬉しいですね。

すでに証券会社に口座があり、株取引をしているのなら、ネット株への移行は簡単です。ネット株の始め方は各証券会社のホームページ等に書いてありますし、もし分からなければ相談窓口に聞いてください。

これから株を始める人は、ネットでしか株を取り引きしないのなら手数料等で非常に有利なネット専業の証券会社がおすすめです。


ネット株のメリットは、売買の即時性です。クリック一つで株売買ができるので、特にスピードが命のデイトレードなどはネット株による売買でないと厳しいでしょうね。ネット株のデメリットは、ゲーム感覚に陥ってしまいがちなことで、始めて見ると感じますが、実際にお金を動かしている意識が薄れてきたりします。売買時にリスク回避のために自分なりのルールを作ることが必要ですね。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株取引を始めるにあたって


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株取引を始めるにあたっては、まず株取り引き専用の口座を証券会社にて開設する必要があります。一般の銀行口座とは異なりますので、別途で対応する必要があります。

ですので、口座開設のためには、まず証券会社を選択する必要があります。ここは非常に重要です。会社の安全性、口座で取り引きできる株の種類、口座開設費、売買手数料、口座管理費、売買システムの機能、携帯対応、マーケット情報などを考えて決めるのですが、自分の主な取引方法によっても選択すべき会社が変わってきたりします。

ただし、株初心者にとって、こうしたことを比較して会社を決めるのは非常に大変で、それだけで壁となり、株取引を始められなくなる可能性が高いので、まずは大手、あるいは中堅でも名の通ったところに口座を作りましょう。

あなたにとって最高、とまでは行きませんが、非常にバランスの取れた口座である場合が多いですし、まずは倒産する可能性が低いので、安心できます。


口座を開設したら、資金を入金すればいつでも株取引を始めることができますが、まずは売買方法に慣れるために、試験的にシミュレーションソフトを試してみて、雰囲気をつかんでからにすると、間違えもなくなり良いと思います。こうしたソフトの有無も証券会社選びのポイントにするといいですね。

実際の株取引については、「空売り」は初心者はご法度ですので、買いから入ってください。まずは小額で株を買い株取引のコツをつかんでください。シュミレーションソフトなどでテストをするのと、実際に自分のお金を賭けてやるのでは、ずいぶん違いますので、その怖さを学ぶのが良いと思います。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株式とはそもそも何か?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株式のことを通常単に株と呼ぶことが多いと思います。株式は企業が銀行などからお金を借りるのではなく、直接市場から必要なお金を調達する場合に使われます。

例えば、1億円を調達したい場合に、1億円出してくれる人を見つけるのではなく、1万円で株を買ってくれる人を1万人見つける訳です。その企業が将来的に成長し、株価が上がると、株を買った人も得をすることになります。

企業の成長に賭けるので、買った株式数に応じて、経営に対して発言できるようになったり、企業の利益から配当を受け取れたりします。株主優待などの特別なサービスも受けれる場合があります。

今までは、株式を購入すると、実際の株券を自分で保管、あるいは証券保管振替機構などで保護預かりしてもらっていたのですが、2009年の株式電子化に向けて様子が変わってくると思われます。

こうした実体が伴わなくなってくるので、株というものが実感が沸かなくなってくると思われますが、要は上述したように、企業の経営権の一部を手に入れることになります。

例えば、企業全体で1,000万個の株式が発行されていて、あなたがそのうち100個を購入したとします。これは即ち、全体の10万分の1の経営権を手にした状態になります。その特典として株主総会で意見したり、経営者として企業から株主優待などのサービスを受けたり、利益の一部を受け取ったりすることができるわけです。

また、人気の企業や成長が見込まれる企業の株式は多くの人が欲しがるので、需要が増える結果、株価が上がることになります。これが“株が上がる"ということです。逆に、倒産寸前の企業や何か問題を起こした企業の経営権を欲しがる人はあまりいません。そうなると、株価はどんどん下がることになります。

この株価の変動を利用して安い時に買い、高い時に売るのが株式取引の基本で、これにより、利益を積み重ねるのです。株券のことだけでなく、この取り引きそのものを「株」と呼ぶ場合もあります。もちろん、気に入った企業の株式を売らずに持ち続けることで発生するメリットもあります。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索





投資で稼ぐ

株取引初心者にまず理解してもらいたいこと


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

株初心者が気をつけることがあります。株式関連の書籍やインターネットでの情報が数多くあり、多くのハウツーが出回っています。それらをそのまま信じて丸呑みして、ひどい目に遭うことが多いのです。出回っているノウハウの一部はインチキなものがありますが、全てがそうではありません。ただし、何も考えずに盲目的に従ってしまうと、表面上のノウハウだけにフォーカスして、そのノウハウが成立するための背景などが抜けてしまい、結局大損してしまうことになりかねません。

株で儲けるためにはいろいろな要素が関係してくるので、同じ状況にいない人が成功したからといって、あなたが成功するとは限りません。資金量、現在の市場全体の流れ、株価に影響を与える大事件(サブプライムローン問題など)といった多くの要素が関係してきます。

残念ながらハウツーそのものがインチキということもありますし、特にインターネットで売られているものにはそうしたものが存在することも事実です。

ということは、株で儲けるためには、あなたが情報の取捨選択ができるようになる必要があります。そのためにはあなたが必要な勉強をするしかありません。株式について、株で儲けるメカニズム、株価が動くメカニズムについて、株チャートの見方など、基本をしっかり押さえ、過去の事例・傾向などを照らし合わせ、研究することが大切です。

もしあなたがこうしたことを面倒だと感じる場合は、そもそも株に興味があまりない、即ち株に向いていないのだと思います。興味が無いのに無理をして、折角貯めたお金を危険にさらすのは得策とは思えません。では、最近良く売られている自動売買といわれるシステムトレーディングならどうか、ということですが、未来を予測することは絶対にできないので、確実に勝てるシステムは存在しません。ということは、やはりあなたが必要な知識を持ち、システムトレーディングの傾向を知り、その上で株売買をする必要があります。基礎を学ぶことをおろそかにしているようでは、いつまでたっても株で儲けることはできません。
投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。