投資で稼ぐ > 債券投資 > 債券投資と市場金利の関係

投資で稼ぐ

債券投資と市場金利の関係


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

債券投資では、市場金利の動向が大きく影響するという事実を知っていましたか?


実は、市場金利が低くなると債券価格が上がり、市場金利が高くなると債券価格が下がることになります。これは市場金利の高低が銀行金利の高低となり、銀行金利が高い時には多くの人がより安全な銀行預金にお金をシフトする確率が高くなることが理由になります。


今のように市場金利がほぼ0%に近い状況では、当然銀行に預けておいては何も利子が付かないので、債券投資などでなるべく多くのお金を稼ごうとするのです。すると債券投資によりお金が集まるので、需給の需要が増えるために債券の価格が上がることになります。


さらに、債券投資でも短期か長期かによって、市場金利からの影響の度合いが変わってきます。短期債券投資であればそうでもありませんが、長期債権投資だと市場金利の影響を大きく受けることになります。今のようにほぼゼロ金利であれば、長期債券投資には向いていないかもしれませんね。


一般的には、長期債券投資をする場合には今後市場金利がどう動くかをある程度考えてから投資する方が良いと言えます。ただし、結局のところ、5年、10年先を見通せるわけではないので、一番良いのは、債券を購入する場合には、2年ものや3年もの、そして5年ものや10年ものというふうに、債券の期間分散をすることだと思います。



最後になりますが、もし外貨建て債券投資をするのであれば、市場金利よりも気にすべきことがあります。市場の安定した国の債券投資を選択することです。ただし、国際経済でも国内経済と同様に日々流動的に動いており、このタイミングではアメリカが、このタイミングではユーロが良い、と言ったように、経済循環しています。

そこで、賢い外貨建て債券投資をするには、世界の国の市場金利動向を考えて、外貨である通貨を分散投資すると良いでしょう。米ドル建てだけの債券投資よりも、オーストラリアやカナダなどの国債や、ヨーロッパのユーロ建ての債券などです。このように、いろいろな種類の通貨建ての債券を購入することで分散投資ができるので、債券投資のリスクを抑えることができます。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株初心者へ

<<債券投資の5つの特徴 | 投資で稼ぐトップへ


SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。