投資で稼ぐ > 債券投資 > 債権投資にもリスクはあるか?

投資で稼ぐ

債権投資にもリスクはあるか?


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

債権投資はリスクが比較的に少ない投資と認識されていますし、確かに、株投資、外国為替証拠金取引、商品先物などの投資に比べるとリスクは少ないです。


ただし、そうは言っても投資の一つですから、リスクは存在していますので、債権投資をする前にそのリスクを理解していることが肝要です。


発生し得るリスクを挙げてみます。
可能性があるということで挙げていますので、決してリスクが高いということではありません。ご理解願います。

・償還前の中途売却ができない

・償還前に売れたとしても元本割れになる

・債権発行体が予定の運用ができず約束された金利が支払われない

・債権発行体の経営不振などにより償還時期が遅れる

・債権発行体の倒産などにより元本も一部または全部が返却されない


投資ですから、金利の高い商品をついつい選びたくなると思いますが、基本的にはこの公式が成り立つことを覚えておいてください。


リスクの高い投資 = 金利高い


特に債権投資では、格付けなどにより、リスクの低い有料な国、会社などの場合は金利が低くなりますし、リスクの高い国、会社などの場合は金利が高くなります。


これは需給の関係で考えると良く分かると思います。リスクの高い会社の債権がリスクの低い会社の債権と同じ金利であれば、皆がリスクの低い会社の債権を買いますよね?自分の会社の債権を買ってもらうには、相応の金利設定が必要となるのです。


ですので、債権投資をする際には、目当ての発行体の格付けランクを参考にすること、いくら金利が高いからと言って、無闇に投資しないことが重要です。債権投資はどちらかと言うとローリスク・ローリターン(ただし銀行預金よりはハイリターン)である程度の期間運用するものですので、あまり無茶はしない方が良いでしょう。



そして、上述しませんでしたが、債券投資には、実はもう一つ大きなリスク要因があります。為替変動要因です。外国債券(海外国家の債権など たとえば米国債)を外貨建てで持っていて、売却する場合には、受け取りが外貨で行われるので、円に変える時に為替レートの水準によって、リスクが大きく生じてきます。


この場合、為替が債券の購入時よりも円安になっている場合には、さらなる利益を期待できますが、円高になるとその逆で債券の元本を割り込んでしまうというリスクがあります。


これは一般の国内の債権には関係ありませんが、外国債券は日本のものに比べて高金利のものがあるので、ついつい手を出したくなります。その場合には為替レートによるリスクがあることを理解しておいてください。




投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株初心者へ

<<債権投資と株式投資は何が違うのか? | 投資で稼ぐトップへ | 債券投資では償還期限に気をつけましょう>>


SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。