投資で稼ぐ > 債券投資 > 債券投資の概要

投資で稼ぐ

債券投資の概要


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

債券投資という言葉を聞いたことがありますか?言葉の通り債券へ投資することを言います。さて、債券ですが、これは企業や国、地方公共団体などが、必要な投資をする際にお金が足りなくなると資金を調達するために発行します。

債券を発行し、投資してくれる人に買ってもらうことで資金を調達します。投資する人はその見返りとして、通常は銀行金利より高い金利を満期時に受け取れますし、債券市場があるので、社債などは満期前でも売買が可能となり、うまくすれば高く売れる場合もあります。

債券には、企業が発行する社債、地方公共団体による地方債、国による国債などがあり、さらに面白いところでは、ユーロやマルク、米ドルなどの外貨建てで発券されるものもあります。

通常は債券の方が銀行などでの普通預金や定期預金に比べてリスクが高いので、銀行やゆうちょ銀行などの定期預金でお金を預けるよりも、債券投資をする方が、満期になった時にたくさんのリターンを期待できますので、すぐ使う必要の無いお金で、少ないリスクなら取れる資金がある人は銀行預金よりも債券投資がお勧めとなります。

ただし、債券は、いつでも発売されているわけではなく、購入する日が決まっています。また、10年ものや5年ものの国債は、それぞれ中途解約ができない時期があることを覚えておかなければなりません。

債券の該当期間は使う必要のない、将来に向けた資金を使って購入するのが前提となります。もしも、中途解約をしなければならない場合には、元本が保証されず、最初に支払った金額のお金が戻ってこない場合もあります。

倒産する危険性のほとんど無い会社や、地方公共団体、国などの債券へ、たとえば10年後から必要となる子供の学資などを預けておくのも一つの手かもしれませんね。

外貨建て債券の場合には、購入時に為替手数料が必要になることもあります。また、これは為替の変動に大きく影響を受けます。

債券投資をするには、債券発行者の財務状況を確認することが大切で、債券を購入する人のためにアルファベットで格付けがなされています。

S&P(スタンダード&プアーズ)という格付け機関では、下から順に、CC、CCC、B、BB、BBB、A、AA、AAAとアルファベットを使って格付けをしています。また、同じカテゴリーの中での相対的な強さを表すために、CCCからAAまでには、プラス記号(+)とマイナス記号(−)が付けられることがあります。

S&Pなどの格付け機関も一般の企業なので、必ずしも全面的に信用できないこともあるのですが、債券を選ぶ際に参考にはなります。

繰り返しになりますが、債券投資は、一般的な投資と比べるとリスクは低いと言えますが、銀行での預金に比べてやはりリスクが高いので、全ての財産をこうした投資に振り向けるのではなく、分散投資をする必要があります。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株初心者へ

<<ソニー銀行で外貨預金をするメリット | 投資で稼ぐトップへ | 債権投資と株式投資は何が違うのか?>>


SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。