投資で稼ぐ > 外貨預金 > ソニー銀行で外貨預金をするメリット

投資で稼ぐ

ソニー銀行で外貨預金をするメリット


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

ソニー銀行は先にあげた三菱東京UFJ銀行と同様外貨預金を取り扱っていますが、大きく異なる点があります。

実は、ソニー銀行は、インターネットバンクなので、三菱東京UFJ銀行と異なり、店舗を持っていません。すなわち、支店を維持するための、人件費、施設費等がかからないので、コストを大幅に抑えることが可能です。

そうしてコストが抑えられるので、大手にくらべて、手数料などが安く抑えられるのです。

たとえば、三菱東京UFJ銀行では、外貨預金をする際の手数料で、米ドルに対して為替手数料が往復で1ドルにつき2円ほどかかります。ところが、ソニー銀行では、コストが抑えられている分、片道25銭と非常に安価な手数料となっています。手数料でこれだけ違うと、最終的なリターンも大きく異なってくることになります。

外貨預金はほぼゼロ金利が続いている円での預金に比べて金利が高いことで注目されて伸びてきた商品です。ただし、こうした手数料が実は意外に高く、リターンを低めてきたのが事実なんです。そうした中で、こうしたインターネット専業銀行のような低い手数料は非常にありがたいものなんです。

米ドル以外の通貨ペアでも手数料が安くなります。オーストラリアドルの場合はもっと顕著で、往復4〜5円かかるところがほとんどなのですが、ソニー銀行は往復で1円ですみます。金利が高く設定されていても、為替手数料を差し引くと利益はほとんどないのに等しい、と言うケースは避けられることが多く、それがソニー銀行の外貨預金の大きなメリットであると言えるでしょう。

また、メリットとしては、為替レートの確定タイミングが多いこともあげられます。他の一般的な銀行では、1日1回の為替レート確定なのですが、ソニー銀行では為替相場の変動に合わせて、市場のレートの変動が一定以上あると、取引レートを見直しています。

また、インターネットバンクということで、24時間取引可能ですし、為替レートを指定した指値注文など、動き続ける為替相場に合わせた自動注文なども可能となっています。

株の取引ではよく知られたこの方法を取り入れているのも、ソニー銀行の外貨預金の大きな特徴です。注意するポイントとして1ドルにつき10銭の指値手数料がかかると言うことでしょう。従って「指値注文」は本当に必要な時のみ利用するようにしましょう。


投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株初心者へ

<<三菱東京UFJ銀行で外貨預金 | 投資で稼ぐトップへ | 債券投資の概要>>


SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。