投資で稼ぐ > 株取引の説明 > 三菱東京UFJ銀行で外貨預金

投資で稼ぐ

三菱東京UFJ銀行で外貨預金


【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

金融再編の波の中で出来上がった、巨大な銀行である三菱東京UFJ銀行も、外貨預金を取り扱っています。

資本が大きく、信用格付も高く、公的資金の導入からもいち早く立ち直りその後大きな利益を上げるなど、日本の中でも筆頭にあげられるほどの銀行ですので、当然外貨取り扱いもされているということになります。

数ある日本の銀行の中から選択して外貨預金をするのであれば、まず候補に挙がってくる、かなり安心してお金を預けられる銀行だとも言えます。

では、三菱東京UFJ銀行の外貨預金商品についてですが、預金の額や取引の金額によって、金利が違ってくる設定になっています。また為替手数料は預金する外貨の種類によって異なってきます。たとえば、アメリカドルの為替手数料は1ドルにつき往復で2円、ユーロで3円、オーストラリア、ニュージーランドドルで4円などです。

やはり取引量の多い通貨の手数料は低くなっています。イギリスポンド、スイスフランといった取引量の少ない通貨は、8円と高くなっています。

金利については、通貨が異なれば異なるのは当然だとしても、同じ通貨でも、外貨普通預金と外貨定期預金では金利が異なりますし、期間によっても異なってきます。

外貨定期預金が外貨普通預金より金利が高いのは理解しやすいですよね。決められた期間、原則的にはずっと置いておくわけですから、銀行も資金計画が立てやすくなります。

もし、中途で定期預金を解約しなければならない場合ですが、原則として外貨定期預金は中途解約はできません。ただし、銀行側が事情を認めた場合だけ中途解約が可能となります。

この場合、預金開始日から解約日までの金利は受け取ることができますが、外貨定期預金ではなく、外貨普通預金の金利が適用されます。

基本的には定期の期間使う必要のないお金を預金するようにしましょう。

最後に取引時間についてですが、メンテナンスや年末年始を除くと、インターネット、モバイルバンキングは24時間体制で対応しています。ただし為替レートの変動は、FXとは異なり、1日1回に限られています。

最新の情報は三菱東京UFJ銀行へ問い合わせるなり、支店へ赴くなりして確認してみてください。



投資ノウハウを調べたい場合は下記で検索できます
例)「株式」や「FX」や「日経225」と入力して検索






【無料動画】1日15分の簡単トレードで株で勝つ6つのステップ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株初心者へ

<<外貨預金での手数料のリスクについて | 投資で稼ぐトップへ | ソニー銀行で外貨預金をするメリット>>


SEO対策対策済テンプレート

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。